FC2ブログ
ウサギなつぶやき♪ ホーム » ヨソ話 »旅立ってしまったうーちゃんのお話。

旅立ってしまったうーちゃんのお話。  





こんかいはちょっとしんみり記事です

苦手な方はご遠慮くださいね



2019/7/6/0008



6月のなかばのことなのですが、仲良くしていただいている

ぷーモ子さんちの可愛いうさちゃんのモコちゃん(男の子)が

13歳で旅立ちました


2019/7/6/0001


ぷーモ子さんちは6うさちゃんのモコ毛一族のおうちでした

写真は左から、子粒くん、子麦ちゃん、オムちゃん、スビちゃんです


2019/7/6/0002


そして、こちらは左から、ぷーちゃん、オムちゃん、スビちゃんです

子粒くん、子麦ちゃん、オムちゃん、スビちゃんはぷーちゃんとモコちゃんの子供たちです


しかし残念ながら、オムちゃん、スビちゃんは先に旅立っており

今は子粒くん、子麦ちゃん、ぷーちゃんだけになってしまいました


2019/7/6/0003



モコちゃんは、前の飼い主さんに見捨てられた子でした

ぷーモ子さんが飼ってくれないなら保健所につれていくとまで言われていたのです
ひどすぎる話です 信じられません

そんなことがありまして、2歳でぷーモ子さんちの子になったのですが
前の飼い主が野菜の切れ端しかあげてなかったため、食の細い子で
チモシーを食べ物とわからなかったみたいです


ぷーちゃんを見て、ペレットを食べるようになったそうですが
最後までチモシーは食べ物って認識はなく
恵をいっぱい食べて元気に過ごしたみたいです


ぷーモ子さんに引き取られてからは、それはもう大切に可愛がられてきたのです
愛情をいっぱいかけてもらったのです
おかげで人間が大好きな子になり、おわかれするまでの5年間くらいは
一緒に寝ていたそうです


モコちゃん嬉しかったみたいでぴっとりとくっついていたそうですよ

そして最後のその時まで、頑張ってくれた子だったのです



ぷーちゃんとの間に9匹の赤ちゃんにも恵まれて
お父さんとしても立派でした



晩年は闘病で病院に毎週通って点滴ととても頑張ってました
それはぷーモ子さんも大変だったっと思います
私も経験したのですごくわかります


しかし13歳という年齢は立派です


うさぎさんは飼い主を自分で選べませんから
ぷーモ子さんに引き取られてなんと幸せうさぎちゃんになったことかと思いました

あの時ぷーモ子さんに引き取られなかったらどんな悲惨な運命だったかと
胸が痛くなります


それを考えたら、モコちゃんはぷーモ子さんを愛し、また愛されて
心からよかったと・・・


それだけでも泣けてきてしまいます



また、6月末にはsoraさんちのくるみちゃんも旅立ちました
(soraさん、まずかったら消します、すみません)

くるみちゃんも闘病頑張った末の、11歳でした



飼い主様お二人とも、本当にそれぞれのうさぎさんを可愛がられていたのです

そんなお二人の子で両うーちゃんとも幸せだったと思います



今はきっとお空から、それぞれ飼い主様を見守っていてくれてると信じています



2019/7/6/0004


ぱぱさんままさんあんしんするのー

ちぇりーがちゃあんと いっしょにいるぷもよ!







お月様にはちぇりーも先に旅立ったたくさんのうーちゃんたちがいます

みんなのところでもまた幸せに過ごしてくれると思います


2019/7/6/0005



かいぬしさま。 いっぱいないていいよ。 でもね・・・



2019/7/6/0006


だいすきだった うさちゃんは ずっとそばで みまもっていてくれるの。

そしてかいぬしさまのことは ずっとずっと わすれないよ。







お見送りした方ならわかると思いますが

可愛がった我が子を見送った後は、想像もできないくらい辛かったり苦しんだりする方も
いらっしゃると思いますが

愛うさちゃんは、見えなくてもしばらくの間そばにいて寄り添っていてくれるようなきがしてます
それはたくさんの飼い主様が教えてくださいました


私事ですが、お別れの時は本当につらい思いをしました
そして毎日泣いてる日々でした
ちぇりーの時は精神的にもダメになり体も壊しました

なので沢山かなしんでしまうかもしれませんが、どうかお体ご自愛くださいね


悲しみは時間がゆっくりと癒してくれますよ




そしてうーちゃんたちが、そっと見守ってくれてるって信じてくださいね








↓心よりご冥福をお祈りいたします・よかったら応援よろしくお願いしますm(_ _)m


ふたつのらんきんぐにとうろくちゅうなのー☆ぽちぽちっとおうえんくりっくしてねー
ぐふぐふ♪♪
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 



ウサギランキング
スポンサーサイト



category: ヨソ話

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: 6

コメント

もこもこパンダちゃん模様のかわいい子たちですね~^^
なんだか読んでいて、だんだんつらくなってしまいました・・・
うちの、ちょこちゃんも、前の飼い主さんがネグレストでした。
チモシーは一切あげていなかったみたいで
ごはんのいれものにたくさんのペットを入れっぱなし・・・
それもおとなになっているのにグロースのまま。
下の方はカビが生えていました。
おトイレもなくケージの床におちっこがたまって
毛がまっ黄色に染まっていました。
おツメは伸びて1回転して手足に喰い込みそうになっているほどでした。
お水ボトルも壊れたまま、お水が飲めない状況でした。
なんでそういうお世話ができない人が、動物を飼うんだろう?って
すごく不思議です。

モコちゃん、ぷーモ子さんに出会ってからは
しあわせなじんせいだったのですね。
今度生まれ変わったときは、最初から、ぷーモ子さんのような
優しい人のところに行けるといいね!

お見送りするのは悲しいことだけれど、悲しむばかりではなく
時を一緒に過ごしてくれた、大事な命に
「ありがとう」 って言って、送り出してあげたいですね。

りおん #- | URL
2019/07/05 10:16 | edit

☆りおんさんへ
ちょこちゃんもそんなひどい環境だったのですか・・・
言葉を失い、涙が出てきました
モコちゃんもちょこちゃんものちに飼い主さんに恵まれたけれど
きっと世の中にはまだまだ不憫な環境で飼われている子が多いような気がします
わたしたちが知らないだけで

でもちょこちゃんもりおんさんのおうちに引き取ってもらえて
すごく幸せになりましたね それだけでも胸がいっぱいです

お見送りは辛いけれど、そうですよね 一緒にたくさん過ごしてくれた
幸せをくれたうーちゃんに感謝ですよね
うぅ・・泣ける・・・

まみぽん #kSi.wH62 | URL
2019/07/05 11:09 | edit

なんて可愛いうさーずなんでしょう。
まるでカレンダーのモデルみたい(発想が貧困ですみません)。
こういう長毛種って、お手入れが大変だから、とても気を遣わないとお世話できないと思うんです。
そんな中、バブ期からではないうさを、13歳まで育て上げたぷーモ子さん、何て素晴らしい方でしょうか。
愛情と年齢は必ずしも比例しないとは思いますが(うちの一代目は数か月で旅立ってしまったのでそう思いたい)、愛されず、お世話されなかったうさが長寿になるとは思えません。
本当にモコちゃんは愛されていたんですね。
どんなに幸せだったか。
彼女もどれだけぷーモ子さんを愛し、感謝していたことでしょうか。
面識ない私でも泣けてきます。

心よりご冥福をお祈りすると共に、ぷーモ子さんと残されたうさーずの幸福を願ってやみません。
きっとモコちゃんが守ってくれると思います。

みずえ #- | URL
2019/07/05 14:00 | edit

☆みずえさんへ
本当にかわいいモコ毛一族なのです
お泊りに行った時、とても感動で興奮しました
そう、長毛種だからお手入れはこまめにしてもらっていましたよ
オムちゃんスビちゃんなんてとくに可愛かったです
モコちゃん(私の書き方がすみませんです、男の子です)
のお世話は本当に大変だったと思うのです
そして13年は立派です、ちゃんと可愛がって愛してあげたからこその
年齢でもありますよね

私も残りのうーちゃん達にも幸せに過ごしてほしい
モコちゃんも見守っていてくれてるって信じてます

まみぽん #kSi.wH62 | URL
2019/07/05 20:55 | edit

まみぽんさん、とても丁寧に記事にしてくださりありがとうございます。写真もたくさん載せてくれて、モコも喜んでくれていると思います。いつかはやってくるお別れ、覚悟しているつもりでもすごく悲しくて寂しいものですね。でもモコと巡り会えてすごくすごく幸せでした。きっと今頃、虹の橋の上でちぇりーちゃんファミリーや たくさんのお友達と楽しく遊んでるよね(^ ^)

ぷーモ子 #- | URL
2019/07/05 23:14 | edit

☆ぷーモ子さんへ
いえ、わたし文章苦手なので、こんなんですみません
モコちゃんとあえて、私もうれしかったですよ
懐かしいです
私たちはたくさんの時間を幸せにしてもらったんですよね
お別れはやはりつらいけれど、楽しかった思い出を忘れないように
旅立ったこの幸せを祈りましょうね
きっとみんなと仲良く遊んでますよー^^

まみぽん #kSi.wH62 | URL
2019/07/06 20:44 | edit

コメントの投稿

Secret

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

▲ Pagetop