fc2ブログ
ウサギなつぶやき♪ ホーム »ウサギなヤマイ
カテゴリー「ウサギなヤマイ」の記事一覧

ちはやの新たな病気・右耳の骨の変形と中耳炎  






※このブログを携帯でご覧になる方へ※
「スマートフォン版で表示」というボタンを押してご覧ください
でないと携帯でPC版を見ると写真が映りません






11月7日の月曜日は、ちはやの定期健診の他に約半年に一回くらいの
血液検査とレントゲンと甲状腺の検査の為に病院へ行ってきたのです




どうしても車では行けない所なので(駐車場が少なくて止められないのです)
いつも電車とタクシーを使うのですが、寒さ対策の為にあったかい生地で
キャリーカバーを急いで作りました


s-20221182_20221108211201679.jpg


マジックテープで前面は開けられるようにしました

ぺろんと開けると我が家の可愛い子ちゃん


この日はすごく寒かったので間に合ってよかった
不格好で下手くそだけれども、ちはやが寒い思いをしなければいいの

キャリーカバーについては
『みかんな日常』 でkedamaさん手作りのとまとちゃんのキャリーカバーを見て
おおー、これはとても保温にいいなぁ! と作った次第なので
kedamaさんにはとても感謝しきりです


s-20221183_202211082112032df.jpg


ずーっと長いこと通院すると具合が悪くなってしまうから、今の先生にはそんなちはやを配慮していただいたから

ちはやいなくても、動画とか記録とかをみてもらって甲状腺機能低下症の薬
(チラージンとかレボチロキシンとか呼ばれる薬で人間用です)

を処方していただいていて、やっとちはやのストレスもなくなって通院できるようになったので

待ち時間は牧草もモリモリ食べるようになりましたよ



s-202211081111.jpg


s-20221185_202211082011206b06.jpg

s-202211814.jpg


上の写真3枚はレントゲンです

2枚目の赤丸の所はちはやの背骨の下の方の変形してるところですが
こちらは前回と変化なしなので一安心

もしもこれ以上潰れてきたり変形してきたら歩行困難や痛みがでるかもしれないので
気は抜けないけれど

皮下脂肪もまあまあこんなものではないかなと思ってます
心臓の肥大もないし


血液検査についても問題なし、中性脂肪も減ってきてるしいい感じでした
今の食生活をキープでよさそうです

歯も問題なしでした

あと、ちはやは両目の下の方に白い傷があるのだけれども、最近左目の白い傷のところに
小さな赤い点があったので診ていただいたけれども、赤い点については血管が集まって
傷を治そうとしているしているものなので問題なしだそうです

でも治りが遅いので、今度また先生に相談する予定です




で、ここからが本題なのですが

毎日ちはやとまーくんのブラッシングとボディチェックをしているのですが

少し前から、ちはやの右耳の中がおかしかったのです
透明な水が溜まっていたり、白い小さな膿や、黄色の膿が固まったものを
よく見るようになったのです

水に関しては、耳の中はなるべく乾燥させたほうがいいと
ベビー用の綿棒で吸い取って、大きな膿の塊もささっと取ってたんですけど
これを先生に相談して、先生も右耳の中を診てくれたところ 中耳炎かもしれないと

で、急遽、頭部のレントゲンを撮ってみて、それでわからなかったらCTという事になったのですが


s-202211811.jpg


上の写真はちはやの頭部の横の写真で、真ん中よりちょっと右の白い塊が
両耳の骨なんですが、この時点で両耳の骨の大きさが違っていました


s-20221187_20221108211210dc5.jpg

上の写真はちはやの頭部の正面なのですが
こちらをみれば異常がはっきりしてます

s-20221188.jpg

上のは拡大したものですが
右耳の骨が壊れてるというか骨の形がおかしくなってました
(左が左耳の骨で、右の大きくいびつなのが右耳の骨です)

s-20221189.jpg

参考までに、上の写真は(斜頸のうさぎさんなので頭部が傾いてますけど)正常な耳の骨はこのようになってるそうです

s-202211810.jpg

さらに上の写真は耳に異常が出たうさぎさんの写真なのですが
だいたいこのような感じが多いそうなのですが


ちはやみたいな例は今までに見たことがないそうです


またか・・・とかなりショック
今までに見たことないとかもう聞きたくなかった


そもそも頭部のレントゲンなんて頭部に異常があるときしか撮らないから
(だって頭部を固定してレントゲン撮るって難しいもの)
今まで他の病院でも撮ったレントゲンにも載ってなかったんだけど
唯一、今年の4月にちはやの脂肪織炎の除去手術の前に撮ったレントゲンに
ギリギリ耳の骨が映っていたので、先生に見せたらその時点でもう異常があった事が判明


ちはやの水については耳の中に炎症が起こったためにでてきたそうで
頭部レントゲンの時点で、ちはやははっきり中耳炎だとわかったのですが
このまま悪くなった場合は、斜頸や眼振前庭障害などが起こったりすることもあるそうで

選択肢としては

①抗生剤を飲ませる(でも治るかわからないし、耳の奥の膿自体はなくならない)
②膿をとる手術をする(でもこちらも治るかわからないし、悪化する可能性もあるし、あんまり予後がよくない)
③このまま様子を見て、斜頸など症状がでてきてから改めて抗生剤を飲ませる

でした。

ちなみに膿は、歯根膿瘍などのうさぎさんの飼い主さんならご存じではないかと思いますが
膿の厄介なところは骨を溶かしてしまう
また中耳炎→内耳炎に進行すると最悪、脳炎や髄膜炎を起こしたり、死んでしまうことも


で、先生も分厚い医学書を取り出してきて、あれこれ一緒に考え話し合った結果
うまくいくかはわからないのだけれども、溜まっている右耳の水を採取して
感受性検査をしてみて、どんな細菌がいてどんな薬が効きやすいかを調べてみることになりました

例えるならば、10種類?12種類だったかな?
いっぱい種類があるパスツレラの菌を特定する検査みたいなイメージ


s-202211812.jpg


それにしても、なんでちはやばっかり 腰骨の変形とか、甲状腺機能低下症とか、脂肪織炎とか
耳の骨の変形とか納得がいかない
特に骨の変形についてはいつからのものなのか全く不明です
ちはやが家族になった時には腰骨は変形していたし


ちはやケージごと捨てられてたり、飼い主が変わるたび環境が変わったりしても
性格よくて、優しくて、すごく可愛いいい子なのに、なんで次から次へと問題がおこるのかと
悔しくて悔しくて、昨日は帰宅してからギャン泣きしながら
ずっとまたこういう症状のもっと詳しい資料を探して調べてました


関係ないんだけれど、これは個人的に思ってることなんですけれども
パスツレラに関しても結構色々うさぎの病気に繋がっている例が多い&症状がでないこともあるから
すごく難しいなあって思う


でも、毎日ボディチェックしてたおかげで早期発見できたのだと
いい方に考えて前向きにがんばるしかない
泣いてたってちはやはよくならないんだから


と、いう事で 運よく?外国の人が書いたうさぎの病気の詳しい文献を見つけられたから
じっくり調べて考えてるところです


ただ、私は人よりポンコツだし要領も悪いし覚えも悪いから
普通の人の何倍もいっぱい勉強しなきゃいけないけれど


s-202211813.jpg


わんちゃんやねこちゃんみたいに、うさぎは痛いよって鳴くことができない
うさぎのキーって鳴き声は、恐怖と断末魔の声だから二度と聞きたくない


本当にちはやの病気、全部私に移ってくれたらいいのに
絶対とは言えないけれど、ちはやとまーくんが苦しんだり痛い思いしないように
これからも精一杯やるしかないから
やれること全部やっていくわ


自分の命より大切な家族なのだから





☆みてくださってありがとうございました☆

↓クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

↓さらにこちらもクリックお願いします

ペット(ウサギ)ランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: 0   cm: --

ちはやの定期通院&ちはやの白内障についていろいろ。  




昨日、ちはやの甲状腺機能低下症の薬をもらいに

そしてちはやの調子も見てもらうために

病院へ行ってきました



ちはやは以前通っていた病院の長い間の通院のせいですっかり通院がストレスになってしまっていましたが

今の先生はちはやを連れて行かなくても、ちはや様子を動画や説明することで

私だけで病院へお薬を取りに行けるようにしてくださったので

ちはやの通院ストレスもほぼなくなり、通院できるようになり

診察の待ち時間の間もリラックスして、牧草をもぐもぐ食べてるようになりました(ヨカッタ)


s-20221042.jpg



ままちゃん また でんしゃまちがえたのー

ばりょばりょ




しかし、私が極度の対人恐怖症の為に、診察が終わるとぷっつり緊張の糸が切れちゃうのか

フリーズしてパニックになったり、頭真っ白になったり、電車を乗り過ごしちゃったり

間違えた駅で降りちゃったり

昨日は逆方向の電車に乗ってしまう始末で、ちはやには本当に申し訳ないことしてます


ちはや・・・ほんとにポンコツままちゃんでごめんね💦

s-20221043.jpg


これ、ただの自慢ですけども

昨日はおにゅーのちはやとまーくんプリントトートバックで病院へ行きましたよ


s-20221044.jpg


送料込みで1000円ちょっとなのです

丈夫な生地だからお気に入りなのです☆彡



あっ💦 ちなみにちはやの状態ですが
ちょっと長いこと調子が悪かったのも、6日間くらいのナチュラルファイバーのふやかし少量を一日一回した結果
すっかりいまは元気いっぱいです

それと前は背骨の触り心地で、もうちょっと太らせた方がいいなぁと
ペレットの種類を変えて量も調節した結果、体重も肉付きもOK🎵
あと肉垂の中にできている肉芽腫もかわりなくキープで問題なしでした


ですが、ちょっと前からちはや、白内障始まって気がするなあと感じていまして
先生に相談して目をしっかり検査してもらったのですが

結果は残念なことに やはり両目とも白内障の初期段階だとわかりました

水晶体が縦線で白くなっている感じだそうです
(もちろん見た目ではそこまではわかりませんです)

s-20221045.jpg


今朝のレアなぱっちりおめめのちはやですが、見た目は黒くてきれいなおめめなのです

毎日のボディチェックの時に、念のため目と耳の中もチェックしてるのでその時にすぐに気づいた次第


白内障についてはうさぎちゃんによって進行も症状も異なるので何とも言えませんが
中にはサプリとか進行を遅らせるお薬を処方する病院もあるみたいですが
残念ながら白内障が治ることはないので、そういうのはしないです

初めて家族になったちぇりーがわずか1週間足らずで左目が白内障になってしまってから
(原因はブリーダーの劣悪な環境下の飼育でお母さんうさぎからエンセファリトゾーンが移った為と思われます)
そういうこととかも、すごく調べまくったし、白内障の手術まで考えたこともあったけれども
当時は犬猫の手術はできるけど、うさぎの症例はない、手術代も200万超える
さらに全身麻酔のリスクがある(死んでしまう可能性がある)

ということで、諦めました。 でもちぇりーは一生それで不自由な暮らしをしたことはありませんでした


ぼんちゃんも、れおぴんも同じく加齢とともに白内障になってしまったけれど
やはり不自由な暮らしをすることはなかった気がします

白内障でも光は感じることができるので、本当に見えなくなるのは網膜が痛んでしまってからだそうです


ただ気を付けたいのは、白内障になってたまに目の中に炎症が起こることがあり
白目とかあっかんべーしたとこのまぶたが充血してたり、涙が増えたり、痛みを伴うこともあるので
それだけは注意していこうと思っております
(その時はお薬を処方していただきますよ、ちはやにイタイイタイはさせたくないからね)

あと月並みですが、どうしても心配な方は
うさぎちゃんの遊ぶところに色々物を置かないようにしたり、家具の配置をころころ変えないようにするといいです

他にも色々あるけども長くなるから割愛します


それとちはやの両目の角膜損傷で残っている傷ですけども、まだ完全には治っていないとのことで
治ろうとしている途中だそうです(ガンバレちはやのおめめ)


s-20221046.jpg


すぴぷー🎵



そんな感じですけども ちはやもご覧の通り

おうちでぐうたら安心して自由にすごしているのでこれでよしです


s-20221047.jpg


お留守番のまーくんも ぼくもほめてー と甘々ちゃん

まーくんも頑張ったね



☆おまけ☆

s-20221048.jpg



ちはやは、毎朝ケージから出ると 台所にきてちゃんとお薬待ちをしている

うさぎちゃんです(なんか知らないけど、薬がなんか好き?みたいなんです。苦い薬もペロッて飲んじゃう)




☆動画: 【お利口すぎるうさぎ】お薬の準備が出来るのをちゃんと待ってるちはや☆彡






ちはやはとってもおりこうさんなうさちゃんだなあと思います

なかなか賢いので、これは自分の体のためにたいせつなおくすりなのーって

わかってるのかなあ?と思っちゃうこともありますよ






☆みてくださってありがとうございました☆

よかったら ちはやとまーくんの写真(ランキングバナー)を押して応援よろしくおねがいします☆彡



にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

ちはやの通院結果&ふたりともえらかったね☆彡  




今日は前倒しにしていただいた、ちはやのかかりつけに行ってきました

おなかの調子に関しては治っているけども
他に前から気になっていた事を先生に相談してきました


気になっていたのは以下の事


①もうダイエットが必要ないくらいの体格になったが、なんらかの病気で痩せたのではないか?
②歯を診てほしい
③尿を検査してほしい
④胸のまた新しくできている肉芽腫のしこりの状態
⑤ちはやの両眼の白い傷跡が少しづつ大きくなっているのが気になる

以上です

s-20229121.jpg

結果ですけれども

①健康的に痩せていて適正なので問題なし、体格については
ペレットなどで調整していく

②歯も問題なし

③尿も炭酸カルシウムが少し出ているけれども、すごく少ないし
他の検査値も正常で問題なしでした

s-20229127.jpg

尿検査でも写真のように色々なことがわかるので
心配していた腎臓系も問題なしとわかってよかったです

これは余談ですが、うさぎのおしっこって、うさぎさんによって全然色が違ったりすると思うのですが
ちはやみたいに赤めのおしっこだからといって血尿というわけではないのと
うさぎさんは大抵の子たちはいくらかのカルシウムはありますが
ペレットや野菜などのカルシウム含有量が多めとか
水を飲む量が少ない子は、結石とか気を付けた方がいいかも

ちなみにうさぎの結石も丸いとか楕円とかでなくて、ぐにゃっとした厄介なものもあります
(でも間違っていたらまずいから、かかりつけの先生に相談してみてくださいね)

④胸の(肉垂)中のしこりについては、巨大になってしまった肉芽腫性脂肪織炎の
除去手術の後に、再発の可能性が大きいとは言われてまして
その通り、中くらいのコリコリしたのと、小さい形が微妙なのがふたつできたのですが
これに関しては、大きさは変わらずだったのでOKでした

⑤両眼の傷なんですが、先日別の病院で検査してもらったのですが
(名前忘れたけど、点眼すると暗いところで緑に光る検査薬があるのです)
傷は治っているとのことでしたが
あらためて診ていただくと、眼のフチに血管があるのと、眼の白眼部分が充血してるので
まだちはやが自力で治している途中みたいです

なお白い跡について眼が治ってもおそらくちはやのは消えないっぽいです

説明も聞いたのですが、ムズかったので書けませんが、眼の傷の治し方によって
そうなっちゃう子もいるんだそうです
でも幸い視力には問題なしということでこれはこれでOKです

あと甲状腺機能低下症については、引き続きちはやの様子をチェックして
定期的に検査して、お薬を調整してもらいます


それと、よかったなあと思ったのは
ちはやの病院恐怖症というか通院ストレスがやっとほぼなくなったみたいで
診察を待っている間もリラックスして牧草をもぐもぐ食べるようになってました(ウレシイ)

いまのかかりつけの先生には、そんなちはやのストレスを配慮してもらっていて
甲状腺機能低下症の薬をもらいに行くときは、ちはやはお留守番で
ちはやの様子の記録や動画を見てもらってお薬取りに行くだけとか
調子が良ければ日にち多めのお薬をもらったりとよくしてもらえたことも大きかったと思います


s-20229123.jpg


おうちに帰ってきて 疲れたのでしょうねぇ

ぐっすりリラックスで熟睡ちゃんのちはやです


s-20229124.jpg


引き取ってからの3年?近くのうっ滞については、私の無知のせいで
本当に長いこと頑張らせてしまってちはやに申し訳ない気持ちでいまもいっぱいです

でもちはやもすごく頑張ってくれて、私を信じてくれてね、すごくいい子なのです
今はすっかり元気になって、心からよかったなあとほろりとしてしまいました


s-20229125.jpg


まーくんも今日はお留守番ありがとうね

それにまーくんもすっかり、ほぼ病院に行くことがなくなったよね
ままんは嬉しいよ

いっぱいいっぱいふたりともなでなでしてあげましたよ


☆おまけ☆

s-20229126.jpg


今日はけつようびでした。

ちょっと昔のだけれども、ゲロゲーロかえるちゃんあんよの

まーけちゅで締めまーす☆彡





☆みてくださってありがとうございました☆

ちはや&まーくん可愛かったよって思った方は
ちはやとまーくんの写真のランキングバナーを押して応援よろしくお願いします


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

ちはや・回復のきざしかもしれません。  







もしもちはやを心配してくださった方がいるとしたらありがとうございます
応援のバナーも押していただきありがとうござます



ちはやなのですが、まだ昼間はケージで生活してもらってますけれど
ちょっとずつよくなってきてる感じがします

今朝は久々にだちてぇーガジガジをしていて
まーくんと一緒にペレットとか食べたり、まーくんランドの探索を一緒に楽しんでました


今朝の、ちはや、まーくんのボディチェックやおなかの張り具合、ブラッシングなどは異常なかったので
昨日様子を見ながら与えていた、プリンペランはあげてません
(牧草食べる量が増えてきましたので)

あとはちはやの甲状腺のお薬を夕方のへやんぽ前に飲ませたので
2時間後くらいに一応ラキサトーンを少しあげようとおもってます

※ラキサトーンについては医師も飼い主さんも賛否両論ありますが
それぞれの自己責任で与えればいいと思います
なおラキサトーンは下剤みたいなものなので、与えるときに私が注意しているのは
①もしも薬をあげたら、2時間はあけてから与える
②十分に水を飲んでるのか確認してから与える
です。

今は毛球症とはいわないけれど(というか、呼び方なんてどうでもいいんだけどなあと思う)
昔ちぇりーやまろが毛球症になった時に、医師の指示通りの量のラキサトーンの服用も含めての処置で
助かった経験があるので、あながち必要ないとは私には言えないです


なおプリンペランも、与えるときは前もってちはやの様子(動きや、うんち、おしっこなどいろいろ)や
おなかの様子を念入りに確認して、さらに私がずっとちはやのそばにいられるときだけにしてます
急激に胃拡張になったら怖いし、あとこれもずっとちはやとまーくんの場合だけれど
プリンペランとかモサプリドはあんまり食欲増進の効果なかったから
あまり期待はしてないけれど、一応あげてる感じです
(よその子はしらんですので怒らないでね)


それと、あえてケージに入れていたのは功を奏したみたいでした
ちはやも昔、瀕死状態で3週間入院して退院した後も
不安定な状態が続いていて具合が悪い時はずっとケージから出なかったですし

あと、あくまでも私の経験からですけども、ケージに入っているとうさぎのすることは
①牧草や水を飲む
②毛づくろいをする
③寝てる、くつろいでる
④出たくて暴れる(←まーくんの場合)

かなあと。 でも②についてはすごく注意が必要です、すんごい綺麗好きな子は
ずっと毛づくろいしてるので、油断するとうっ滞(毛球症)になりやすいかもしれません

あと、④も暴れるときに思いっきりケージの網や物をガンガン歯でやってると
不正咬合になるおそれがあります(←引き取る前のまーくんがそうだったので)

なお余談ですが、いまは月組のちぇりーが生涯ほぼ放し飼いになったのは
これをやってついにはケージの鉄製の扉がひん曲がって、大きなナスカンもぶっ壊したからです

まろに至っては陶器のどんぶりをぶん投げて割ってましたし
まろ、ぼんちゃんはプラスチックのバネのケージの扉を自分であけれるように
なってましたしね

うさぎってね、結構よく観察してるし頭いい子はすごくいいので
色々覚えちゃうから油断はできないかも




長くなってしまいましたが

ちょっと前のちはやです




先ほども夕方からのへやんぽで、牧草をハミハミして

s-2022992.jpg


ちゃあんと おてても お皿に添えて テーブルマナーは完ぺきな
素敵れでぃーなちはやです(イイ子ダネ)

でもちはやはとってもおもらし大好き女子なので
その場でお花を摘みながら(←あってる?)お食事をとるうさぎちゃんです


しかし当レストラン?はそういうお客様にもおみ足が汚れることがないように
十分な対策をしておりますので 安心してお食事していただけます


s-2022993.jpg


夜のわくわくお野菜タイムも、ちはや嬢はペロッとたいらげておりました

一応しばらくセロリと果物はあげないようにしてますけれどね
(まーくんにはセロリの葉っぱだけあげました)


s-2022994.jpg


ハムちゃんもびっくり(←?)

サラダ菜ほおばりまーくんです☆彡



そして何よりうれしかったのはね


s-2022995.jpg


ちはやがまたうっとりぴっとり甘えてくるようになりました(カワイイヨー カワイスギダヨー)

もうちょっとしたら、また以前の元気なちはやになるかしら?


ちはや 一緒にこれからもがんばろうねぇ



☆おまけの余談☆

自分も色々疲れてたのか でもよりにもよって 自分の薬を飲むつもりが
ちはやの薬飲んじゃってました

ちはやの大事な薬なのに 気づいた後ショックでわんわん泣いてしまったです
とんだ大失態というか大馬鹿野郎です

それと、無理を言って先日 ちはやのかかりつけの予約、来週水曜日だったのを
前倒しにしてもらって、なんとか月曜のお昼にねじこんでもらいました
迷惑な飼い主です

でも前みたいに医師の都合を気にしてまろを死なせてしまったことの二の舞だけは嫌なので
自分が怒られたり嫌われてもいいの(先生は迷惑だろうけど)

ちゃんと ちはやを診てもらうつもりですよ





☆みてくださってありがとうございました☆

ちはや&まーくん可愛かったよって思った方は
ちはやとまーくんの写真のランキングバナーを押して応援よろしくお願いします


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

今日のちはやの様子・あんまりよくないみたいです。  




いつもなら朝は5時くらいにだちぇだちぇの大騒ぎで元気いっぱいで飛び出してくるのに
今日はまったく暴れずに私がケージをあけるまでおとなしかったちはやです


日中、ブラッシングにボディチェックにもちろんおなかの様子も念入りにもみもみして
確認しましたが、おなかは普通よりちょっとだけボリュームがない感じ
で、やはり今日も日中は牧草もちょっぴりしか食べず、水もほとんど飲まず
今までみたいに遊ぶこともなし





夕方5時くらいに、甲状腺のいつもの薬とプリンペランを飲ませて
ケージに入ってもらいました

こうすれば、嫌でも牧草がちかくにあるから気が向けば食べるだろうからです

こんなことしたら、いつもなら怒って大暴れするのにそれもなし

おとなしくしてます


s-2022972.jpg


ひとりへやんぽのまーくんも、大好きなホリホリ遊びもそこそこで

ちはやのケージの前に陣取ってました

s-2022973.jpg


まるで


ちぃたん ぼくが ちょばについているのよ


といいたげなお顔です


でも


s-2022974.jpg


やっぱりさみしくなってしまい、すぐに甘えに来てました


s-2022975.jpg


いつもなら こんな風に 甘々なちはやなんですけど
私に甘えにも来ないところをみると やはり具合が悪いんだろうと思います

でもまだ一応少なくても自力で食べているし、少なくても排泄物もでているのですが

もしも甲状腺の機能が低下していたら、また前みたいにガタっと体調が急激に悪くなり
入院とかになってしまうかもしれないので、気が抜けません


他にもちはやは両目の傷が大きくなっていること、尿もすこし心配なところがあること
これは2か月前に検査したばかりだから可能性は低いと思いますが腎機能の異常とか
気圧によるもの、あとは歯が伸びている?
(うちは、先代のちぇりーが牧草をよく食べてる子でも急にかみ合わせが悪くなって
歯削りに通ったことがあったので)
他にも気になることはいっぱいあるのですが、きちんと診察してもらって
一つ一つを潰していくしかないんだと思います

ただ、問題はかかりつけの病院が最短の予約でも来週の水曜日なのです
なので明日ダメもとで、今週金曜か、来週の月曜に待ってもいいのでねじ込んでもらおうかと
考えてます

夕方なら空いてる日もあったのですが、夕方だとねちょうどラッシュに当たるので
ちはやにとってはすごくストレスになるので行けないのです
車で行くことも可能なんだけど、さらに時間がかかるし、駐車場が空いてないんですよね・・・


最近はどこの病院もコロナの関係とか、それ以外でもほとんどが予約制なので
緊急な時ってみなさんどうしていらっしゃるのでしょうか?


ちはやの場合は甲状腺機能低下症の事では 『うちでは診れません』 って
何件も断られているから、診てもらえる病院が一つしかないんですよね



はぁ・・・胃がまた痛いです。



あと、余談というか愚痴ですが

こういう時に限ってパパがものすごくびっくりする規模のアホなことしでかすので
その後始末に時間がかかってイライラ。
自分のケツは自分で拭けよ(汚くてごめんなさいね)・・・と思ってしまう
私はあなたのママじゃないのよ いい大人なんだから自分でやんなさいよ

母に至っては、毎回手伝ったり、必要なものを買いに行ってあげたりするたびに
こっそり私のバックにお金入った封筒を入れてくるんだけど
(しかも見つけて返しても返してもしつこく入れてくるので、帰りにバックの中身ぶちまけるのが面倒すぎる)

しかも今日ちはやの病院代を下ろしに自分の銀行行ったら、勝手にお金振り込まれてた
もはや恐怖でしかない

私が言っても聞かないから仕方なく巻き込んで悪いけど、Kちゃんに頼んで
クギをさしてもらいました。

母、みてないだろうけども 娘はね、変わり者かもしれないけれど
正直お金にはまったく興味がないのです
必要最低限な暮らしができれば十分なのです

それにお金というのは、緊急事態のために大切にとっておくべきなのです
だから、母と父のために貯金なり、好きなものを買ったり、趣味に使ったり
病院代に使ってください あと、断るたびにキレないでほしいです


なんか勝手に書いてスカッとしました 日記にも殴り書きしてるんだけどおさまらなくてね
読んじゃって不快になった方はごめんなさいね





☆みてくださってありがとうございました☆

ちはや&まーくん可愛かったよって思った方は
ちはやとまーくんの写真のランキングバナーを押して応援よろしくお願いします


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

ちはや病院へ行ってきました。  




昨日も様子がおかしかったし

今日も見ていたのだけれど、まず牧草ちょっとしか食べてないし
おしっこもすくない

ボディチェックと、ブラッシングの時におなかの張り具合をみたんだけど
いつもとは違う なんか張ってる

午前9時くらいにガスコンとプリンぺランをのませたのだけれども
やっぱり牧草の食べがすごく悪くて、さらにいつもはいないところにいたり
様子が明らかにおかしいので

夕方に、近くの昔5うーがお世話になっていたもう一つの病院へ行ってきました

事情を説明して、ラクトリンゲル、プリンペラン、ビタミン剤の皮下点滴をしてもらいました


s-2022962.jpg


帰宅後、ちょっとげんきになって牧草とつまんでいたけれど
やっぱり様子がおかしいのですよね

おとなしいのです


他にも気になってることが二つあるので、それに関しては
現在のかかりつけに相談することにします



今夜は寝ないでようすみるぞー


はやく良くなってね、ちはや



まーくんはげんきいっぱいなのでご安心くださいね





☆みてくださってありがとうございました☆

ちはや&まーくん可愛かったよって思った方は
ちはやとまーくんの写真のランキングバナーを押して応援よろしくお願いします


にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

ちはやの通院・甲状腺機能低下症について&良い事と悪い事。  




今回は、病気のことなので
興味のない方はずーっと下までスクロールして、カワユス~な、ちはやとまーくんのバナーのクリックを
お願いします

以下はちはやの甲状腺機能低下症についてです

しかも病気の事って私文章力ないから めっちゃ長いです


s-20228181.jpg


最近のちはやはすごくよく1番刈りをモリモリたくさん食べて


s-20228182.jpg


お水もたくさん飲むようになりました


s-20227174.jpg


牧草をほぼ食べなくなって、ペレットもたべなくなって
前にかかっていたB病院の医師に、『チモシーの恵を100本ぐらい(約100gです)強制給餌しなさい』
と言われ、ちはやにも私にも負担が大きすぎて無理ですと言ったのだけれども
『やらないと死ぬよ それ僕には出来ないけど』なんて言われ

結果、約3.5kg以上にまで太りに太ってしまったのだけれども
あれから約1年以上かけて、『ちはやを太らせずに、牧草をいっぱい自力で食べれるように
なおかつ丈夫な体にする事』
を意識して毎日いっぱい考えて、ちはやの体調をみながら
誰にも相談もできないし頼れないから、一人でいっぱい悩んでいっぱい考えて試行錯誤の結果
現在のちはやの体重は約2.6㎏くらいにまでに落ちました
余分な脂肪がなくなってきました
もちろん健康的にです、可愛いちはやに無理はさせてませんよ

写真は現在のちはやのご飯です
チモシーの恵は1本(約1g)、ペレットは7g、ナチュラルファイバーを5g~10gの間で調節したもの
を朝と晩にあげてます(1日にチモシーの恵2本(約2g)、ペレット14g、ナチュラルファイバーは約15gです)

ナチュラルファイバーに関しては、最初はちはやもまーくんも大嫌いで食べませんでしたが
強制給餌を続けた結果、粉にしなくても普通に食べるようになりました
なお、まだあげてる理由は、もしも何かあって牧草を食べれなくなった時に
牧草のかわりになるからです


s-20227176.jpg


あともうひとつのちはやにとっての大きな分岐点として
2022年4月に巨大な肉芽腫性脂肪織炎の切除手術をしたのは本当に大きかったです
手術して重たい肉芽腫をとれるだけ取ってもらった後のちはやの
回復ぶりがさらにアップしていきました


そして同じく2022年7月4日に、A病院(前に診てもらっていたB病院ではない)で
ちはやの甲状腺機能低下症の定期健診で、血液検査、レントゲン、甲状腺の検査をしたのですが

前回いままでかかっていたB病院で2022年2月14日の検査では
T4→0.57
FT4→0.3未満

と良くなかったのですが(その後、具合が悪くなって一週間くらいB病院に入院)

今回、2022年7月6日にA病院の先生からの結果の連絡がきたのですが
T4→1.76
FT4→1.0


と、T4は平均より0.2くらい低いけど、FT4に問題がないのと、血液検査でも
問題がなく、よくなってるのでこのままでと嬉しいお知らせでした!



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


以下はちょこっとだけ甲状腺機能低下症についてわかってることを書きます
(重複していたらすみません)

●甲状腺ホルモンとは体の代謝をコントロールするもので、生命の維持に大切なものです
(人や、犬や猫でも、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症などがありますが
詳しくはググってください)
なお、加齢と共に分泌が減っていく傾向があり、甲状腺ホルモンは自分で作ることができなかった気がします
なのでちはやは一生、チラージン(レボチロキシン)を服用しなければならず
定期的に検査をしなければなりません


●甲状腺機能低下症になった場合の症状(ウサギでわかってること)
疲れやすく、だるそうにして、寒がりになる傾向があります
さらに食欲も低下し、あまり食べていないのに体重は増加します
犬の場合は被毛がいっぱい抜けるようになるようですが、ちはやも
毛が凄くいっぱい抜けてました

●T4、FT4、TSHについて
T4が低い→甲状腺ホルモンの合成能力が低いということ
FT4   →甲状腺ホルモンのこと
TSH   →脳下垂体から分泌される甲状腺を刺激するホルモンで
        甲状腺ホルモンを増やす作用がある

●ウサギの場合のT4とFT4の割合
T4→3.33~1.27(平均1.98くらい)
FT4→1.79~0.69(平均0.64くらい)

※ただしホルモンの量はすごく変動するので、あくまで値は参考までです
なお個体差によっても全然違います



ちなみに今お世話になっているA病院の先生に、ちはやと同じ甲状腺機能低下症のウサギは
どのくらいいるのか聞いたことがあるのですが、ちはやを入れて3羽しかいないとのことでした
(ほとんどのウサギは高齢になってなるようで、すでに亡くなっているそうです)


それとウサギの甲状腺機能低下症についてですが、まだまだ症例が少なくて難しいみたいです

と、いうか私の個人的見解ですけれども これって甲状腺の検査しないと絶対わからないとおもうのよね
(ちはやにB病院でのステロイド投与により内分泌系の異常があるのではないかと
A病院に相談した時に先生が検査してくれたのでわかった次第でしたし)


ちなみにちはやの通院の負担を考えて、県内のウサギも割としっかり診れる病院何件かに、ちはやを診れるかどうか
聞いたことがあるのですが、全滅でした 『うちでは無理です』 って断られました

そしてB病院もチラージン(レボチロキシン)の細かい量の調整が出来ないとのことで
県外のもっと大きなA病院ならば、細かい調整が出来ること
さらに、ちはやを連れてこなくても、ちはやの様子を説明しにいけば薬を処方していただけるとのことで
今はA病院にお世話になっているのです
(ちはやのストレスの原因が実はまーくんではなく
ほぼおそらくB病院での毎月、月の半分(15日~16日)も
効果のない点滴に連れて行かなければならなかった、通院だとわかったので
A病院の先生が配慮してくださっている次第です。とても助かってます。)


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


と、ここまではちはやのよかったことなのですが
以下は悪い事です

s-202271709.jpg


こちらはちはやのレントゲンなのですが


s-202271707.jpg


s-202271708.jpg


ちはやには引き取った時から、もともと背骨(骨盤の真ん中の背骨のところ)の椎間板が
潰れていたのですが、これがさらに潰れて少し悪化していると

椎間板は老化によっても潰れていくものみたいなのですが
ちはやの場合はまだ若い頃からだったので、理由はまったく謎です

もしかしたら子ウサギの頃に親ウサギに踏まれたとか
いちばんはじめに幼いちはやをケージごと捨てた、ろくでもない飼い主に
虐待というかなんかされていたのか
(もしもそうだったらブチ〇ロスけどよ、あ、ブラックでごめんなさいよ)

なんにせよ将来的に、患部が痛むようにならないように、悪化しないようにと祈るばかりです

さらに目の検査もしてもらったのですが、左目はもともと前の飼い主と、自分が引き取ってから
2度ほど角膜損傷で下の方に傷が残っているのですが
何と右目にも傷ができていたのです

治りかけだということだったけれども、タリビット(オフロキサシン)を処方してもらって
朝晩点眼してましたが、結局右目にも傷は残っています
(ちはやの目については、他にも気になることがあるのですが、書くとさらに長くなるので割愛)


それと、4月に昔5うー達がお世話になっていた先生に肉芽腫の除去手術をしてもらったのですが
もう新しく中くらいの1個(表現がムズイですが親指くらい)と小さいの2個が出来てました
(これは手術した先生に再発の可能性が高いとは言われていたので覚悟はできていました
ですが太って脂肪が余計につかなければ大きくならないと思われ、再手術は回避できるのではないかと)


私がアホゆえにとても長くなりましたが、以上です。


s-20227175.jpg


なにはともあれ、ちはやとまーくんは、給餌も必要がなくなり
よく牧草を食べて、元気に過ごしているので
晩はお野菜をあげるようになりましたよ

サラダ菜、セロリ、バジルです(この時は自家製の明日葉とミニ春菊がありました)
あとは季節の果物を少しあげてます
今は、桃やメロンです

糖分はお腹弱い子にはよくないので、ちはやとまーくんにはほぼあげてなかったけれど
ちはやもいい調子でむっちりぼでぃーから、ちょっぴりだけぽっちゃりぼでぃーになったことですし
解禁です


s-20227179.jpg


なにはともあれ、ちはや(まーくんも)今はとても普通に牧草をモリモリ食べて
元気に遊んで、普通に過ごしているのがとても嬉しい限り
普通ってね、実はとても幸せな事なんだと思いますよ(よその人はしらんよ)



※以下はほんとに余談です

ちなみにB病院ですが、薬の細かい処方も出来ないし行くことはないと思うけれども
ひと月分の薬の金額も10800円とかしてて、3種類あった時は薬代だけで32000円くらい
してて、さらに検査ともなると80000円越えとか高額だったので
一度、先生に 『もう、うち3年くらいで200万円くらいかかっているのでキツイです』 みたいな事を
言ったことがあるのですが、逆に
 『1000万とか2000万円とか払ってるかたもいますよ?』 と言われたのよね
なんていうかね・・・・この病院にはもう行くことはないなぁと
 
と、いうかそれだけの金額をもらって治せない病気っていったいなんだろう?
さらに治せないことについて恥じることはないのかなあと思ってしまったなぁ

あと、前に近いしいいと思って以前通っていたC病院なんだけれど
B病院に対抗心があるのかなんかわかんないんだけど、明らかにB病院を意識した発言されたり
他の病院の先生の処方の批判をするような事言ったり
(本人はそういうわけではないけれどと言ってたけれど、誰が聞いても不快になるよ)
しまいには触診すらしなかったんですよね 体重も計らないし
なんていうか・・・・ほぼ診察拒否っぽい感じでした
(以前通ってた時はちゃんと触診や体重は必ず計ってたから)

ちなみに獣医さんの診察拒否って違法なんだそうですよ
(ググればでてくるとおもう)


と、いうわけで 今のちはやとまーくんを診てくれるまともな獣医さんはいないので
軽いうっ滞の場合ならば、ある程度ウサギを診れる病院であれば
乳酸リンゲル+痛み止めくらいの点滴または注射は出来るはずなのでいいとして
他の場合は、速攻A病院へ行くことに、なお夜間の場合は
『ひがし東京夜間救急動物医療センター』に行くことにします



両親の事もあるし、ちはやとまーくんに緊急の時にすぐに病院へ連れて行けるように
練習を始めた車の運転ですが、かなり上達しました


が、今日みたいにおじいさんドライバーの逆走とかにはビビるねぇ・・・
(まさか自分が遭遇するとはおもわなかった・ビックリ)



以下は最近のちはやとまーくんの生活の様子です(長いから興味のある方だけみてください)

☆動画: 【病院用】2022年8月14日くらいのちはやとまーくんの様子







☆みてくださってありがとうございました☆

ちはや&まーくん可愛かったよって思った方は
ちはやとまーくんの写真のランキングバナーを押して応援よろしくお願いします

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村



ウサギランキング

category: ウサギなヤマイ

thread: うさぎ

janre: ペット

tb: --   cm: --

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

▲ Pagetop